2014-09-18 11:25 | カテゴリ:指標発表
こんにちは、マイクです。

FOMC明け、起きてみればドル円108円台後半でしたね。

【USDJPY】
■5分足
20140918USDJPYM5.png


先日の記事で、今回のFOMCは注目度が高いという話をしましたが、やはり相場はかなり顕著な反応を示しました。


マイクが注目していたのは声明文で下記の2点に変更があるかということでした:

(1)10月以降も事実上のゼロ金利を「相当な期間 (considerable time)」維持する

(2)労働市場には「著しい緩み(significant slack)」が残っている


結果的にはこの2点に変更はありませんでした。

にもかかわらずドルが急騰したのはなぜでしょうか?


それは、FOMCメンバーによる2015年末のFF金利誘導目標の予測(中央値)が、6月時点の1.125%から1.375%に上方修正されたからでした。

また、会見でイエレン議長が、

「相当な期間という約束にはかなりの条件が伴う」

と述べたことから、実質的なゼロ金利が続く期間が、日程的なものよりも、経済指標次第になったと認識されたことも大きいと思います。


いずれにしてもまたボラが出てきて嬉しいですね。

今日の午後から始まるスコットランドの住民投票からも目が離せません。

このチャンスをものにしていきましょう♪


参考になりましたら、ポチっと応援お願いします♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ




 
【コメントは管理者の承認後に反映されます】