2014-08-25 17:50 | カテゴリ:相場の科学
こんにちは、マイクです。

週末、京阪神地域のアクティブなトレーダーさん達が集まる勉強会に、講師として参加してきました。

トレーダーにとって確率的思考を身につけることがいかに大切かということを、確率論の数理を背景に具体例を交えながら、たっぷり2時間喋らせてもらいました♪

参加されたみなさん、どうもありがとうございました。


さて、その講義の中では、「連敗する確率」についても触れました。

勝率\(\alpha\)の手法で\(n\)連敗する確率は、
\begin{equation}
p(\alpha,n)=(1-\alpha)^n
\end{equation}
となります。

例えば、勝率2/3(67%)の手法でも4連敗する確率は1.23%あります。
つまり、7割近い勝率があっても、100回トレードすれば、4連敗するケースがごく普通に出てくるってことですね。

しかももし、その手法でトレードを始めて、いきなり4連敗だったらどう思います?
普通こりゃダメなんじゃないかなって思っちゃいますよね?

この受け入れ難い事実を、何のわだかまりもなく受け入れられるようになるためには、確率的思考法が必要です。


このテーマはすごく奥が深いので、これから折に触れてシェアしていきたいと思います。
お楽しみに♪

うん、それ興味ある!って思ったら、ポチっと応援お願いします♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ




 
【コメントは管理者の承認後に反映されます】