2014-07-26 23:46 | カテゴリ:指標発表
こんばんは、マイクです。

前回の記事では、指標発表時に値が動いた時に、その押し戻りでフォロースルーがあるかどうかの見分け方についてポイントを説明しましたね。

そこで、フォロースルーが期待される場合に、じゃあ、実際どうやって第2波を取ればいいんですか?という問い合わせを頂きました。

それについては、いつも同じように取っている事例を過去記事にいくつも載せているので、ちょっとピックアップしてみました:

事例(1) (米国雇用統計、2014/07/03)
事例(2) (豪州雇用統計、2014/05/08)
事例(3) (米国ISM製造業景況指数、2014/02/04)
事例(4) (米国雇用統計、2014/01/10)

発表直後は値も飛ぶしスプレッドも広がるしでなかなか入るのは難しいですが、こうやって第2波を待てば落ち着いて取れますよね!

参考になりましたら、ポチっと応援お願いします♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ




 
【コメントは管理者の承認後に反映されます】