-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-12-12 12:45 | カテゴリ:トレード記録
こんにちは、マイクです。

今日の午前もまたドル円です。
あ、ちゃんと他通貨も見てましたよ。(笑)
何のこと?という方は前回の記事を見てください。

昨夜の下落からのリトレースで、一旦レンジっぽくなるのでは、と見ていたところ、下向きの1時間足+2σに反発しました。
ここはFib 38.2%ラインとも重なります。

そこで、1分足でタイミングをはかりショートエントリー。
マイクお得意の下向き+1~2σ反発です。

目標は手堅く1時間MAまで。8分で到達しました。

+10.4pips


【USDJPY】
■1時間足
20131212usdjpyh1.png

■1分足
20131212usdjpym1.png


さて、今日のチャート、前回までと何か違うなって思った方、鋭いです!
そう、何やらギザギザの線が増えてますね。(^^)

これは「マルチタイムフレーム(MTF)」のMAです。

短期足のチャートを見ているときに、順調に動いていたレートが突然反発したりして、おやって思って上位足のチャートを見ると、そこのMAで反発していた!とかいうことがあると思います。
うんうん。

こういう時、いちいち時間枠を切り替えなくても、上位足のMAが見られれば便利だと思いませんか?
そんなあなたにMTF-MAはあります。任意の上位時間枠のMAが短期足のチャートに表示できるのです。

それって、SMAだったら期間を何倍かにすればいいんじゃないの?って思ってますか?
例えば、20期間MAを使っているとして、5分足チャートに1時間MAを出すには20x12=240期間のMAを表示させる。

実はそれ、ちょっと違います!

この話をするとまた長くなるので、別の記事で書きますね。

で、チャートに戻ると、1時間足のチャートで青いギザギザが4時間MA、下の方にあるオレンジの階段が日足MA。
1分足のチャートで、グレーが5分、紫が15分、黄緑が30分、マゼンタが1時間となります。

これらを表示させていると、例えば1分足のチャートを見ながら1時間のMAで決済ができます♪

おー、これは便利だねって思ったら、ポチっと応援お願いします♪

人気ブログランキングへ




 
【コメントは管理者の承認後に反映されます】
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。