-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-06-10 13:34 | カテゴリ:書籍
こんにちは、マイクです。

先週・今週と、重要経済指標の発表が続きますね!

「超」重要なものだけでも、

-----------------------------------------------------
6/02 米国:ISM製造業景況指数
6/03 中国:非製造業PMI
6/03 豪州:小売売上高
6/03 中国:製造業PMI
6/03 豪州:RBA政策金利
6/04 豪州:Q1GDP
6/04 米国:ISM非製造業総合景況指数
6/04 加国:BOC政策金利
6/05 中国:サービス業PMI
6/05 英国:BOE政策金利
6/05 欧州:ECB政策金利・総裁会見
6/06 米国:雇用統計(非農業部門雇用者数・失業率)
6/10 英国:鉱工業生産指数
6/11 英国:失業率
6/12 NZ:RBNZ政策金利・総裁会見
6/12 豪州:失業率
6/12 米国:小売売上高
6/13 日本:日銀金融政策決定会合結果公表・総裁会見
-----------------------------------------------------

これだけあります。

重要指標は市場予測(エコノミストの推定の平均値)と発表結果との乖離が大きいと、株式市場・為替市場に劇的な値動きを生み出します。
その後しばらくの間はボラティリティも高くなり、短期トレーダーには稼ぎ時ですね♪

そんなトレーダーの友(笑)、経済指標ですが、種類も非常に多く、何が何やらわかりませ~ん、どうやって勉強すればいいですか?という質問をよく頂きます。

はい、そんな時にとてもオススメの本を紹介します!

≪ウォールストリート・ジャーナル式≫ 経済指標 読み方のルール




各国の指標の中から重要なものが50選ばれ、その指標の意味、算出方法、種別(先行・一致・遅行)、発表時期、ファンダメンタル的戦略、関連用語等が解説されています。

各項目は独立しており、どこからでも読めるようになっているのも便利です。
例えば、実際に指標発表がある時にその項目を読んでみる、という読み方もいいですね。

マイクも非常に重宝しており、いつも手元に置いています!

参考になりましたら、ポチっと応援お願いします♪

人気ブログランキングへ




 
【コメントは管理者の承認後に反映されます】
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。