2014-05-08 12:16 | カテゴリ:指標発表
こんにちは、マイクです。

楽しかったGWも終わってしまいました~。
でもお休み気分は日本だけで、先週・今週は重要指標目白押しですね。

今朝は10:30に発表された豪州の4月新規雇用者数・失業率が市場予測より改善し、豪ドルが急騰しました。

マイクは第2波狙いです。

今日は今まで何回かご紹介しているマーフィーさんのスパンモデルを使ってトレードしました。
実は週末に勉強会をすることもあって、このところまたスパン使いになっています。(笑)

【AUDUSD】
■5分足
20140508audusdm5.png

■1分足
20140508audusdm1.png


5分足を見ると、発表時の急騰から押しが入り、青スパンと赤スパンで挟まれたゾーンに下ヒゲをつけたので、次の足でロングエントリー。
ゾーンにきれいに支えられて再上昇、一昨日の高値で利確。

+22.3pips


スパンモデルはこのように指標時にも威力を発揮しますね。


ついでに1分足を見てみましょう。
ローソク足はゾーンの中まで沈んできていますが、最終防衛ラインである赤スパンに支えられ反発しています。

そして紫の遅行スパンに注目です。
遅行スパンが実態ローソク足を上抜いたタイミングで、上昇が一気に加速しています。

スパンモデルは縦軸(価格)だけではなく、横軸(時間)的な目安も与えてくれることがわかりますね。

おー、これなら指標トレードもできるかもって思ったら、ポチっと応援お願いします♪

人気ブログランキングへ




 
【コメントは管理者の承認後に反映されます】