2014-01-11 02:01 | カテゴリ:指標発表
こんばんは、マイクです。
またお祭りの日がやってきましたね♪

12月非農業部門雇用者数は市場の予想を大きく下回り前月比+7.4万人となりました。
失業率は予想より良かったものの、やはりNFPのインパクトの方が大きかったようで、ドルは全面安となりました。

マイクはドル円1分足で勝負です!!

【USDJPY】
■1分足
20140110usdjpym1.png

■5分足
20140110usdjpym5.png


先月の雇用統計祭りの記事でも書きましたが、マイクは重要指標の時は1分足にFibを引いてトレードします。

発表の瞬間は、スプレッドも広がり、約定もしにくく、大きくスリップする危険が高いため、スルー。

そしてリトレースをFibで測って、38.2%・50.0%・61.8%いずれかのラインでの反発で順方向にエントリーします。

今回は38.2%ラインで反発したのでショートエントリー。
しかし、第2波に勢いがなく、MAを抜けられず上向いてきたため撤退。
①+7.4pips

その後、ヨコヨコレンジとなりますが、5分MAが上から降りてくるにつれ、1分MAも再び下向きになりました。
高値は更新されないとみて、BB+2σ反発で再度ショートエントリー。
今度は一度も-1σを上回ることなく順調に下落、00ラインで利確。
②+57.3pips

その後、どこまで落ちるかを観察していると、5分足で長い下ヒゲのコマが出現、00ラインの上に戻って来ました。
次の足でも00ラインにサポートされるのを確認してロングエントリー。
1分BB+2σタッチ後、次の足で高値を更新しなかったので決済。
③+19.7pips

指標発表というと、とかく発表時の値動きに注目しがちですが、市場予測との乖離が大きかった場合には、第2波も同等かそれ以上に動くことは珍しくありません。
今回も同じくらいの値幅がありますよね。

無理に動きの激しい時を狙わず、例えば5分足での第2波のみを狙うのに徹するというのもよい戦略かと思います。

参考になりましたら、ポチっと応援お願いします♪

人気ブログランキングへ




 
【コメントは管理者の承認後に反映されます】