-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-11-26 17:05 | カテゴリ:トレード技術
こんにちは、マイクです。

今日は通貨に関するちょっとしたトリビアをお送りします。

20141126currency.jpg


みなさんは普段どのような通貨ペアをトレードされていますか?

日本人に一番馴染みがあるのはやはりUSDJPYですかね。


では、外国為替市場で最も取引量の多い通貨ペアは何でしょう?


答は・・・


はい、EURUSDです。


USDJPYは2番目、そして、GBPUSDAUDUSDが3・4番目と続きます。


EURUSDGBPUSDAUDUSDがドルスト3兄弟と呼ばれるのは、この流通量の多さによるものです。


マイクもこれらドル円+ドルスト3兄弟の4通貨ペアをメインに取引をしています。


流通量が多い
 ||
多くのトレーダーが見ている
 ||
相場心理のエネルギーが高い
 ||
テクニカルが効きやすい


という図式が成り立つからですね。


では、今度は各通貨別に見るとどうでしょうか。

2013年時点での新興国を除いた通貨別シェアは1位から順に、

1. USD
2. EUR
3. JPY
4. GBP
5. AUD
6. CHF
7. CAD
8. NZD

となっています。


これらを組み合わせただけでもかなりたくさんの通貨ペアができますね。

AUDCHFとか、EURGBPとか、、、

いったい全部でいくつあるでしょうか?


???


答は:

\[
\begin{equation}
{}_8\mathrm{C}_2=\frac{8!}{(8-2)!\,2!}=28
\end{equation}
\]

28通貨ペアです。

8つのものから2つを選ぶ「組合せの数」ですね。

あ、こういう式を出すと寝る人がいるんだった。笑


さて、この28の通貨ペアですが、2つの通貨を組み合わせる時に、どっちが先でどっちが後かわかりますか?

もちろんメジャーなのはすぐわかりますよね。
EURAUDとか。

ではNZDCADではどうでしょう?


実は・・・


この組合せの順番には、ある規則があるんです。

それさえわかっていれば、通貨の順番がわからなくなることはありません。


ちょっと長くなったので、続きはまた次回!

早く読みたいよって思ったら、ポチっと応援お願いします♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ




 
【コメントは管理者の承認後に反映されます】
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。