-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-11-14 23:58 | カテゴリ:質問コーナー
こんばんは、マイクです。

今日は読者さんからの質問を取り上げたいと思います。

この方は先日の仙台セミナーにも参加され、下記のようなメッセージを送ってくださいました:

-----------------------------------------------
マイク様

仙台セミナーお疲れ様でした。

セミナー後に予定があったためマイクさんとお話しすることができず、非常に残念でした。
マイクさんの講義内容は非常に理論的で、今まで自分の行っていたトレードを見直すきっかけとなりました。

家に戻ってからマイクさんのブログを拝見し、非常に勉強になったことがあるので、報告します。

まずサラリーマントレーダーである私にも充分参考になる内容特に1分足トレードでも充分再現可能な方法を公開して下さっている(3種の神器)
 
次に引き付けることの大切さ。
自分は追っかけトレードで何度もやられてきたのでとても参考になりました。

そして確率で考えること。

全て当たり前のことなのですが、その当たり前のことがなぜできなかったのかが、マイクさんとヒロさんの講義でわかりました。

本当にありがとうございます。

現在1分足と5分足で検証を行っています。
引き付けを意識し短い時間でも根拠にあるところのみ入れる力を身に着けたいです。

最後になりますが、一つだけ質問があります。
3種の神器でエントリーした時のロスカットはどこに置けばよろしいのでしょうか?
もし差支えなければご指導よろしくお願いします。
-----------------------------------------------



はい、ご丁寧にありがとうございます。

では今日のトレードを例にとって解説しましょうね。


今日もきれいな「三種の神器」がいろいろ出てましたね♪

マイクはEURUSDをチョイスしました。


【EURUSD】
■5分足
20141114EURUSDM5.png


うわ~、めっちゃきれいですね♪

1. 角度をもって被さってくる上位足MA
2. 上から降りてくる執行足BB+2σ
3. サポレジ転換(オレンジのライン)

いち、にい、さんで三種の神器~♪
迷わずBB+2σタッチでエントリー。


さて、本題のご質問ですが、「三種の神器」では基本的にロスカットラインは前回の高値+スプレッド(ショートの場合)・安値(ロングの場合)となります(赤いライン)。

そこを越えてしまう=ダウが崩れる=ポジションを保有する意味がない

ということですね。

今回の場合、ストップ幅は12.4pipsとなります。


で、ターゲットですが、これは人それぞれですね。

マイクは短期決戦型なので、リワードリスク比1以上で最初のラインとなるFib 76.4%で決済しました(1)。

+15.5pips


伸ばしたい方のために候補を他に3つ挙げておきました。

伸ばす場合、執行足でBB-1σを上回って確定しない限り保有するというのが基本戦略です。

それを前提にすると、Fib. Pivot S1が次の候補です(2)。

そして、Fib 100% (前日安値)が次(3)。

そして最終的にBB-1σを上回って確定したところ(4)では遅くとも決済した方がいいですね。


「三種の神器」は限界まで引き付けて入るので、ストップを前回高値・安値にしても幅はかなりタイトです。

なので、ひと波で十分リワードリスク比が1を上回ることになります。


今回はかなり突っ込んだ話をしましたね!

じっくり読み返して、みなさんもご自身で検証してみてください。


参考になりましたら、ポチっと応援お願いします♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ




 
【コメントは管理者の承認後に反映されます】
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。