2014-10-09 19:45 | カテゴリ:指標発表
こんにちは、マイクです。

みなさん、昨夜の皆既月食は見られましたか?

マイクのところからは、皆既になって間もなく雲に隠れてしまいましたが、なんとかこんな写真を撮ることができました(双眼鏡にスマホをくっつけて撮影)。

20141008moon.png



さて、今朝はオーストラリアの雇用統計発表がありましたね。

結果は、

■新規雇用者数(前月比) → 予想:+1.55万人、結果:-2.97万人
■失業率 → 予想:6.1%、結果:6.1%

失業率は予想通りでしたが、新規雇用者数は予想に比べて大幅に悪い結果となりました。


では、オージーがどう反応したか見てみましょう。

【AUDUSD】
■15分足
20141009AUDUSDM15.png


黄色くマークしたところが雇用統計発表です。

左の方の大陽線は昨夜のFOMC議事録公表によるものですね。


さて、予想よりあれだけ悪かった結果を受け、オージーは急落しますが、1時間MAあたりまで下落すると急激に買い戻されて、15分足で長大下ヒゲピンバーを形成しました!

1時間・4時間は上昇トレンドなので、これを見たら行くしかないですね。

変則三種の神器にもなっています♪

ピンバーの次の足でエントリー、その足でBB+2σまで到達、利確。

+25.1pips


さて、今回の豪州雇用統計ですが、あんなに結果が悪かったのに、どうしてこんなに急激な買い戻しが入ったのでしょうか?

一つには1時間・4時間が上昇トレンドだったということもありますが、それ以外にもう一つ理由があります。

実は、先日、オーストラリア統計局が最近のデータを大幅に修正すると示唆したことで、雇用統計そのものの信憑性がマーケットに疑問視されていたということがあるからなのです。

最近の豪州雇用統計は強い数字が多かったわけですが、その信頼性が薄れると、今回の悪い結果もそれほどのインパクトがない、というわけですね。


でも、僕らはそんな背景知らなくても、形成されたチャートを見ればやることは決まってますから無問題ですけどね♪

参考になりましたら、ポチっと応援お願いします♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ




 
【コメントは管理者の承認後に反映されます】