-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-12-31 14:00 | カテゴリ:トレード技術
こんにちは、マイクです。
今年もあと半日となりましたね!

新年を迎える前に、何か忘れてたことがあったような気がしてブログを見返すと、「通貨のトリビア」の話が途中でした。

所詮トリビアなのでどうでもいいちゃいいんですが(笑)、そのまま年を越すのもなんなので、完結させておきましょう♪

「何の話だっけ?」という場合はまず下記の記事を見てください。

通貨のトリビア(1)
通貨のトリビア(2)


そう、通貨の順番

EUR
20141231eu100.gif

GBP
20141231uk100.gif

AUD
20141231au100.gif

NZD
20141231nz100.gif

USD
20141231us100.gif

CAD
20141231ca100.gif

CHF
20141231ch100.gif

JPY
20141231jp100.gif


は、どうしてこの並びになっているのか?

ということでしたね。


この国旗を見てピンと来た人は鋭いです!


まず、一番上にあるEURですが、みなさんユーロが誕生したのはいつか憶えてますか?

ユーロは1999年1月1日に決済用仮想通貨として導入されました。

そう、始めは仮想通貨だったんです。
Bitcoinみたいですね!

現金通貨として導入国の従来通貨(マルクなど)に取って代わったのは2002年1月1日からです。

それまではユーロは存在しなかったんですね。

なのでちょっと横に置いておきましょう。


世界経済の枠組みが構築されていった歴史の中で、最も力を持っていたのは大英帝国でした。

なので、ユーロができる前、トップにあったのは当然GBPです。

そして帝国傘下のAUDNZDが続きます。

オーストラリアとニュージーランドの国旗を見てください。

ちゃんと大英帝国の旗が入ってますね!


そして次は英国に反旗を翻した米国USDと、同じ北米大陸で後から独立したカナダCADとなるわけです。


そして最後になるのがスイスフランCHFと日本円JPYですが、これは何故だかわかるでしょうか?

この2つは歴史的な低金利通貨です。

現在でもフランと円は「安全資産」と見做されており、リスクオフの時に買われるのはみなさんもご存知ですね。

なので、他の通貨に対する決済通貨の性格を持つため、順番が最後になるわけです。


で、最初に保留しておいたユーロですが、ユーロが誕生した時にはこの順番が既に出来上がっていたため、途中に入れるわけにもいかず、トップに置かれたんですね。


こういう歴史的背景がわかると、通貨の順番も自然に覚えられますね♪

すっきりしたところで、みなさんもどうぞよいお年をお迎えください!


参考になりましたら、ポチっと応援お願いします♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ





スポンサーサイト
2014-12-24 19:16 | カテゴリ:トレード記録
こんにちは、マイクです。

昨晩は米国Q3GDP(確定値)の発表があり、予想を大きく上回って+5.0%という結果に!
それを受けてダウ平均は初の18000ドルを突破、ドル円も120.80付近まで上昇しました。

で、今日はクリスマスイブ、欧米ではもうみんなクリスマス休暇ですね。
それを思うと、このままヤル気満々で続伸するとも考えにくい状況です。

【USDJPY】
■1分足
20141224USDJPYM1b.png


東京市場オープン前(背景が白いエリア)の部分を見てください。
上昇後の揉み合いのせいで、MAがすごく密集して束のようになっているのがわかりますか?

1分・5分・15分・30分のSMAに1分の200期間EMAも一緒です。


こういう時は・・・?


そうですね!


落ちている札束を拾うだけ放たれるのを待つだけです。


レンジ下限をブレイク後、少し戻してきてレンジ下限ラインでサポレジを形成、「三種の神器」が出現しました♪


ターゲットは束の中に入っていない1時間MAまで。
ちょうどすぐ上に日足Pivotもあります。

Pivotを割り、MAにタッチしたところで決済。

+20.5pips


15分足チャートで左側を見れば、更に落ちることも期待できますが、マイクは欲張りません。

いつも言ってるように、「必要なだけ取ればいい」んですから。

リワード・リスク比も2.5以上あるのでこれで充分ですね♪


ではみなさんもよいクリスマスを☆

ポチっと応援お願いします♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ




2014-12-22 18:31 | カテゴリ:トレード記録
こんにちは、マイクです。

早いものでもうすぐクリスマス、今年もあと僅かとなりましたね。
時間の経つのはあっという間です。

マイクはやりたいことが山ほどあるので、いつも心の底から時間が貴重だと思っています。
なので、トレードに費やす時間もなるべく短くするのが理想ですね。

読者のみなさんも、特に会社にお勤めの方は、なけなしの自分の時間を削ってトレードをされている場合も多いと思います。
ほんと、1分1秒の大切さが身に沁みますよね~。


トレードに割ける時間が少ない(割く時間を短くしたい)場合、取り得るトレードスタイルは、

■5分足以下のスキャル
■4時間足以上のスウィング

のいずれかだろうと思います。

どちらがよいかは、その人の性格や必要な収益額(利益率)によって違ってきますね。

マイクはポジションを長く持っているのが嫌いなので、兼業時代から短期決戦のスタイルを構築してきました。

その主力の一つがみなさんお馴染みの1分足を執行足とする「三種の神器」です。

今日もまたいつものようにいつものような場面が来ましたよ♪

【USDJPY】
■1分足
20141222USDJPYM1.png


ターゲットはFib -23.6%ラインです。
熱心な読者さんは意味がわかりますね♪

約30分で到達。

+27.2pips


ストップ幅は6pips程なので、なかなかよいリワード・リスク比でした。


さて、今回のケース、1時間足が確定した時点で、ターゲットに行くことは確信できると思います。

みなさんもご自分のチャートで1時間足を見てみてください。

なるほど!って思った人は環境認識ができてますね♪


ちなみに、マイクは執行足は1分が多いですが、一番よく見てるのは1時間足ですよ!


参考になりましたら、ポチっと応援お願いします♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ




2014-12-06 00:22 | カテゴリ:指標発表
こんばんは、マイクです。

さあ、今日は今年最後の雇用統計祭りです!

ドル円は前祝いのように120円台に突入して発表を迎えました。

結果は:

■非農業部門雇用者数(前月比) → 予想:+23.0万人、結果:+32.1万人
■失業率 → 予想:5.8%、結果:5.8%

何と、非農業部門雇用者数は予想よりも9.1万人もよい結果でした!

もちろんマイクはいつものように第2波を狙います。

【USDJPY】
■1分足
20141205USDJPYM1.png


まず発表時刻から後数分間に注目です。
そう、以前の記事でお話しした「あの条件」に合致してますね。

後は押しを待って入るだけです。

短期Fib 38.2%ライン&00ライン&1分BB-2σで2本ヒゲをつけて反発した次の足でエントリー。

変則三種の神器」ですね♪

直近高値を越えていく前提なので、後は飛び立つのを待つだけです。

ターゲットはFib -23.6%ライン。
今回押しが38.2%なので、これはFib Expの61.8%にあたるんでしたね。
憶えてますか?

しばらくジワジワと上昇し、そして加速をつけて飛び立ちました♪
ターゲットに到達、利確。

+58.1pips


いや~、今年を締め括るにふさわしい祭りでしたね♪

いつも応援してくださってるみなさんも、きっといい祭りだったことと思います。

引き続き、ポチっと応援お願いします♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ




2014-12-04 11:44 | カテゴリ:指標発表
こんにちは、マイクです。

今朝は昨日に引き続き9:30に豪州の指標がありました。
小売売上高と貿易収支です。

結果は:

■小売売上高(前月比) → 予想:+0.1%、結果:+0.4%
■貿易収支(10月) → 予想:-18.1億AUD、結果:-13.2億AUD

と、いずれも予想を上回り、AUDは急騰しました。

しかし、みなさんご存じのように、AUDUSDは強い長期ダウントレンドです。


ということは・・・


恰好の戻り売りポイントですね♪


ここでも「三種の神器」が大活躍します。


【AUDUSD】
■30分足
20141204AUDUSDM30.png


指標発表で急騰したプライスが30分BB+2σとサポレジラインに突き刺さり、少しヒゲをつけたところでショートエントリー。

4時間MA(水色の階段)も上から被さってきてますね♪

そのまま一直線に下落、00ラインで決済。

+24.1pips


マイクはなるべく長く保有したくないので、さくっと00ラインで決済しましたが、ストップは直近高値なのでリワード・リスク比は余裕で1を超えています。

30分BB+2σの角度にも注目してください。
かなり下向きになってますね。
これもポイントです。


参考になりましたら、ポチっと応援お願いします♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ




2014-12-03 20:00 | カテゴリ:指標発表
こんにちは、マイクです。

今日は北風が強く寒い一日でしたね!
みなさん、風邪などひかないように気を付けてくださいね。


さて、今朝は9:30に豪州第3四半期GDPの発表がありました。

結果は:

■前期比 → 予想:+0.7%、結果:+0.3%
■前年比 → 予想:+3.1%、結果:+2.7%

と、いずれも予想を下回り、AUDは急落しました。

マイクはいつものように「三種の神器」で戻り売りを狙います。


【AUDUSD】
■5分足
20141203AUDUSDM5.png

■1分足
20141203AUDUSDM1.png


最初のエントリーは5分足。

■上から被さってくる15分MA&5分BB+2σ&一昨日の安値(オレンジのライン)とのサポレジ

更にそれがFib 38.2%ラインとも重なっています。

全く含み損を抱えることなく陰線6本で反対側のBB-2σに到達、一旦利確。

+16.4pips


次に1分足に切り替えます。

するとまた「三種の神器」が出現しましたね!

すかさずエントリー。

今回もすぐに直近安値(最初の決済ポイント)に、到達。

ちょっと下げ渋りますが、BB-1σを越えられず、直近安値を割って伸びたところ、BB-3σタッチで利確。

+13.2pips


相場はフラクタルなので、もちろん「三種の神器」はどの時間足でも使えます。

今回は5分足→1分足が連続して出ましたが、1分足→5分足というケースも多いです。

みなさんもご自身でチェックしてみてください。


参考になりましたら、ポチっと応援お願いします♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ




2014-12-01 16:18 | カテゴリ:イベント
こんにちは、マイクです。

今、松山空港のラウンジでこの記事を書いています(オーナー撮影)。

20141201lounge.png


午前中はオーナー・マロン・院長と松山城に行ってきました。

20141201matsuyama_castle.png


いや~、昨日の松山セミナーはめちゃ濃かったですね。
参加されたみなさん、おつかれさまでした♪

なにしろ少人数での開催だったので、懇親会でもそれぞれの参加者の方々とかなり深い話をすることができました。


マイクは懇親会スタートと同時に、スペシャルリクエストで「三種の神器」のレクチャーを希望されたKさんに個人コンサル。
やはり直接お話しすると3つの条件の持つ意味を詳しくお伝えすることができるのでいいですね♪

そして、Pさんには「損失を抑える極意」をお話ししましたね。
早速、下記のようなお礼コメントを頂きました:

-----------------------------------
おはようございます。

昨日の松山の懇親会に参加させていただいたPです。
マイクさんとお会いするのは初めてで、最初は緊張していました。

会話の中で暗号みたいな公式や数字がたくさん出てきたら、話についていけないな(^^)と思ってました。
が、そんな心配は全く必要ありませんでした。
とても話しやすくて、難しい言葉もなくて文系の自分でも分かりやすいお話を頂き、すぐに緊張もとれました。

そして、損失を抑える極意?(^^)を教えていただいたこと、これは感動巨編ものでした。

「損失幅の価格でそのエントリーを買ったと思えば良いんだよ。
あと2~3pipsで±0になるまで待ってるとフルロスカットになるよ。
損失は付物だから、それをいかに最小限に抑えるか?そこが重要。
それで、月単位の収支が驚くほど改善されるよ。」

とおっしゃっていただきました。

「損失幅の価格でそのエントリーを買ったと思えば良い」という発想、それが非常に分かりやすく、また自分の中でストンと腑に落ちた瞬間でもありました。
自分的にはまた一歩進歩したという実感と感動があります。

そしてこれを、今週からのデモトレードに活かして行きたいと思います。

今日から12月、今年もあと1ヶ月になってしましましたが、健康に気をつけてお過ごし下さい。
あれれ、なんか年末の挨拶みたいになってしまいました。(^^)
本当にありがとうございます。では。
-----------------------------------

はい、Pさん、ご丁寧にありがとうございます。

この、

損失幅の価格でそのエントリーを買ったと思えば良い

という部分、みなさんどういう意味かわかりますか?


エントリーする時には当初のストップラインを決めますよね?
そうしたら、そのストップラインにかかった時の損失額で、そのポジションを買った(商品を仕入れた)と思うということです。

そうすれば、あとはその商品をどれだけ高く売れるかって考えますよね。

例えばその商品に人気が出て、仕入原価の倍で売れたらめちゃいいじゃないですか?
これがリワード・リスク比が1だってことです。

逆に落ち目になってしまった商品は仕入原価でも売れなくなってきます。


ここで・・・

そのままほっといたらどうなりますか?


そうです、ずっ~と売れ残って、結局廃棄ですね。


これって・・・

そう、「茹でられて茹でられて、結局当初のストップラインでフルロスカット」と同じことです!


そうなる前に、安売りセールをして、原価割れしても売り払わなければいけませんよね?


これが、「微損で切る技術」の考え方です。


実はここで、「エントリーポイント」から「ストップライン」に、「原点をずらす」ということが起きています。

これはプロスペクト理論から考えても、非常に重要なポイントとなります。

この話は長くなるのでまた別の記事で書きますね。


参考になりましたら、ポチっと応援お願いします♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。